旅行にオススメなレンタル携帯!通信費を節約できるサービス

最新記事一覧

固定電話を利用するために

女性

権利についての特徴

固定電話を引くことができる権利のことを電話加入権といい、現在では一般家庭や事務所、店舗から公共施設、企業に至るまで使用されています。この電話加入権は、一定の料金を支払うことで設置してある電話を使っての通話を可能にするため、携帯電話が普及されたとはいえ、なくてはならない存在となっています。しかも、設置してある住所を信頼してもらう役割も担っているので、公共施設や企業での固定電話は当たり前のものと言えるでしょう。この固定電話を使用するための電話加入権には、様々な特徴があります。例えば、一昔前までは新設するときの料金は72000円でしたが、2005年3月から36000円で加入することが出来るようになりました。しかも、電話加入権を必要としないプランよりも、基本料金が割安で利用できるのも大きな利点となっています。電話加入権が不要になったときは、譲渡や売買することもできるのがメリットで、譲渡する場合は一定の手数料を支払うことで名義変更が可能です。また、電話加入権を解約した場合では支払った負担金は返金されないため、休止する方法をとることもできます。休止を申し込むと5年間の期間で処置をしてくれますが、再利用の申し込みが忘れても自動でさらに5年間の延長をおこなってくれます。もし、あとで電話が必要になったときは、高い料金を支払って電話加入権を再度購入する必要性もなくなるので大変有り難いサービスです。そして、電話加入権は資産価値として扱われるため、転居した際も新たな負担をせずに電話を利用することができます。電話加入権で利用できる回線の種類では、アナログ回線とデジタル回線があり、音質のクオリティーやセキュリティの違いもあるので、使用場所や目的に合わせて利用できるのも優れた点です。